債務整理の費用の相場はいくら位?債務整理をするにも費用は必要。費用は用意できそうと思っている人でも、実際に支払う金額は気になるところです。

 

弁護士や司法書士事務所によって報酬の金額に差はありますが、自己破産なら30万円から50万円、任意整理なら1件4万円と1割の成功報酬が「相場」でしょう。

 

 

報酬はだいたい決まっている

 

弁護士へ依頼したらいくら掛かるのかな

 

弁護士や司法書士に債務整理を依頼する際の報酬は案件によってマチマチですが、算定根拠となる計算式はほぼ一定です。

 

特に定型的な処理になる自己破産は、一律料金を設定している事が多く、言ってみれば「明瞭会計」と言えるでしょう。

 

借金残高をどれほど減らせるかという成功報酬は、減額幅の1割が相場です。

 

どれだけ減らせるかは弁護士や司法書士の腕次第という面があるため、和解調書が出来上がらないと最終的な報酬は算定できません。

 

競合がありますから…

 

債務整理を手掛ける弁護士や司法書士は結構多く、ある意味競合関係にあります。

 

事務所によっては大々的にTVや新聞広告で宣伝をしていることもありますが、ほとんどの事務所はホームペーシを持ち、WEBで宣伝をしているようです。

 

ただ、競合があるからとはいえダンピング(価格競争)は生じていません。

 

法律の仕事なので知識をフル稼働させますし、法律事務所に勤めるスタッフの数も少なくありません。

 

安い事務所はないかと探しても、結局他の事務所と変わらないことが多いようです。

 

借金問題の相談料はほぼ無料

 

弁護士へ相談しても無料なんです

 

ちなみに最初の相談料はほぼ無料です。弁護士や司法書士の相談料は1時間5千円と設定されていることが多いのですが、債務整理関係の相談だけは無料としている事務所がほとんどです。

 

また「ほぼ無料」と書いたのは地方の個人による法律事務所などでは、現在でも有料相談の事務所があります。予約などで連絡した時にあらかじめ確認しておくのが良いでしょう。

 

相談料が無料ですから毎月の返済資金でお金の余裕がない人でも、気軽に相談することができます。

 

相談してみようとするきっかけづくりが大切だと考えているのです。

 

多重債務者の懐具合はわかっています

 

債務整理を多く手掛けている弁護士や司法書士は、多重債務者の懐具合を知っています。

 

例え5千円であっても、相談料を支払うことが困難であることはわかっているのです。

 

そのため、無理なく相談ができるように相談利用を無料にしています。

 

このように債務整理を手掛けている弁護士や司法書士の敷居は低いです。

 

費用が支払えないから債務整理ができないということはありません。

 

一種の広告宣伝

 

相談料を無料としているのは一種の広告宣伝という意味もあります。

 

先ほど述べた通り、事務所間での競合が激しくなっているため、少しでも依頼者を増やしたいのが本音です。

 

報酬のダンピングはありませんが、他の事務所が相談料を無料にしている以上、自分も合わせるしかないというのも一つの理由です。

 

ただ、これで依頼者が増えれば悪い話ではないでしょう。

 

安くても収入が安定していれば支払いできます

 

給料が安定してもらえるなら大丈夫

 

債務整理の費用には、冒頭に述べた通りある程度相場があります。

 

ただ、5件の相手に対して任意整理をしようとすると20万円プラス成功報酬ですから、決して安くありません。

 

これを簡単に支払うことは無理だと思ってしまうかもしれませんが諦めるのは早すぎます。

 

債務整理を成功させたとの懐具合は皆さん同じなのです。

 

ストップした返済資金で支払えます

 

債務整理をすると弁護士や司法書士は、債務整理を開始したと通知書を送ります。

 

この際、督促や連絡は本人に一切しないようにと通知するのです。

 

こうすることで、自分も毎月の支払をストップするように指示されます。

 

毎月の返済額は人によってマチマチでしょうが、この金額をそのまま弁護士や司法書士の報酬に充てることができます。

 

残額は分割可能

 

とはいえ、任意整理は1か月程度で決着がつくことが多く、費用の全額を支払うことはさすがにできないでしょう。

 

ただ、残額は分割払いができることがほとんどです。

 

毎月の返済額は激減しているため、分割払いにしても無理なく支払が可能でしょう。

 

こうして債務整理の費用を無理なく弁護士や司法書士に支払うことができるのです。

 

まず相談して専門家に診断してもらう

 

あなたの借金を診断してくれる

 

債務整理は自分でできるものではありません。専門知識がある弁護士や司法書士の助けが必要です。

 

依頼をすることで、自分にとってベストの方法を提案してもらうことができますし、手続自体はすべて任せることができます。

 

ただ、そのためには弁護士や司法書士が自分の借金事情をしっかり把握することが大切です。

 

多重債務からの脱出は弁護士や司法書士への無料相談から始まります。

 

目の前の問題を確実に解決しよう

 

これで目の前の問題を解決することができます。

 

毎月のように返済のことばかり考えている生活を続けていいわけがありません。

 

どこかで決着を付けなければいけないことは言うまでありません。

 

これで将来が開けます

 

弁護士や司法書士に債務整理の相談をして、債務整理を決断すれば、そこから自分の新しい人生を始めることができます。

 

多重債務に陥った事情は人それぞれでしょうが、債務整理をすることで一度リセットすることができるのです。

 

債務整理の費用は、どの弁護士や司法書士もほぼ一緒と考えていいでしょう。

 

計算方法は違うかもしれませんが、最終的な支払額に差はないのです。

 

そのため、冒頭に述べた金額を覚えておけば十分でしょう。

 

それより、支払手段は確保されていると言っていいので、早めの相談が一番大切です。

 

借金が異常に拡大する前に債務整理の決断をすることが大切ではないでしょうか。

借金減額の方法、返済に困った時の対策はこちらのページをご確認ください。借金問題の対策を紹介しています。