任意整理は債務整理の中でも時間がかからない方法だと言われています。

 

しかし、実際にどの程度の期間で終わるのでしょうか。また、どんな流れでされるのかも知りたいですね。

 

実際には弁護士に任せてしまうことが多いですが、一度調べてみましょう。

 

 

任意整理手続きの流れ

 

手続きの流れはどんな内容でどんな順番

 

任意整理は債務整理の中では時間がかからないと言われます。

 

定型的な「着地点」が決まっているので、そこに落ち着くように交渉するからです。

 

大手消費者金融などであれば勝手がわかっているので、相手が納得すれば話は早いでしょう。最短2か月程度で決着します。

 

1 受任通知の発送

 

弁護士が任意整理を引き受けると、その日のうちに消費者金融や信販会社に「受任通知」を送ります。

 

この通知が届くと、消費者金融や信販会社は取り立てなどをすることが禁止されますし、自分も相手に対して返済できません。

 

ちょっと不思議な気がするかもしれませんが、交渉をする上で債務金額を確定させる必要があるため、返済などをストップさせるのです。

 

2 取引履歴の開示請求

 

次に弁護士は、消費者金融や信販会社に対して今までの取引履歴を開示請求します。

 

これは、ただ単に債務残高を調べるだけではなく、過払い金が存在しないかを確認することを目的としています。

 

貸金業法の改正から、かなりの期間が経過しているため、過払い金が発生することは殆どありませんが、それでもたまに発生していることがあるようです。

 

3 和解交渉

 

取引履歴を弁護士が確認し、依頼者である債務者の給与収入などを詳しく聞いた上で、返済予定額を決めます。

 

そして、弁護士と消費者金融や信販会社の交渉が始まるのです。

 

先ほど述べたように「着地点」があるので、そこに落ち着かせるような交渉ですが、相手も簡単に承諾してくれるわけではないので交渉手腕が求められます。

 

この交渉期間は、相手によって変わります。大手であれば、交渉を長引かせるより早く結論を出したがる傾向にあります。

 

しかし中小業者の中には難癖付けて応じないこともあり、交渉期間が伸びることもあるのです。

 

これが任意整理の大まかな流れです。流れを知っていれば、任意整理に対する漠然とした不安も消えるのではないでしょうか。

 

4 和解成立

 

こうして、弁護士を仲介役にした交渉が終わると和解が成立します。

 

正式に和解を成立させるためには「和解調書」を作成し、自分と相手が実印を押します。この調書は裁判の判決と同じ効力を持ちます。

 

最近の民事裁判は裁判官が和解に持ち込むことが多くなっていますが、この和解調書は裁判で作成される和解調書と同じなのです。

 

5 返済の再開

 

和解調書に両者が押印すると、返済が再開されます。

 

複数の消費者金融や信販会社を対象にしていることがほとんどなので、弁護士経由で返済することもあります。

 

任意整理の弁護士費用は分割払いにすることがほとんどですが、返済資金と同時に弁護士への分割代金支払も同時にできてスムーズに流れるでしょう。

 

手続き開始から完了までの期間

 

どのくらいの時間を要するのか把握しておきたい

 

では、実際に任意整理をするとどの程度の期間がかかるのでしょうか。

 

任意整理にかかる期間は早いと2か月程度です。交渉がスムーズに進めば和解調書の作成も難しくありません。

 

先ほど述べたように、大手の消費者金融や信販会社は、下手に交渉を長引かせても、着地点がある程度決まっているため意味がないことを知っています。

 

弁護士に対して無理な要求をしても応じてくれることはありませんし、弁護士も無理な要求をすることはありません。

 

「あうんの呼吸」と言えばわかりやすいかもしれません。

 

消費者金融や信販会社も自己破産などの法的整理にされたら、自社の被害が拡大することをわかっているのです。

 

長い場合は半年以上を要することも

 

しかし、そんな「配慮」をわからない相手もいます。

 

中小の消費者金融の中には自己破産の申請をした相手に対しても徹底抗戦する強者がいるようです。

 

そのような相手が簡単に任意整理に応じることはありません。

 

ただ、債務整理を得意とする弁護士は相手の弱みを握りつつ上手に交渉を進めます。

 

もっとも、時間がかかるのは仕方ありません。流れが止まり、場合によっては半年以上かかることもあります。

 

専門家に委任するのが一般的

 

専門家に依頼する価値がある手続き

 

任意整理に限りませんが、債務整理は自分だけでできるものではありません。

 

手続だけでも面倒ですが、どう判断するかは自分だけで決められるものではないのです。

 

任意整理がスムーズにできるのは、任意整理の流れを熟知している弁護士がやっているからです。

 

そうでなければ簡単に応じてくれるはずがありません。

 

一度専門家に現状を相談して対策を聞く

 

債務整理を得意とする弁護士は、全国にいらっしゃいます。必ずしも大都市圏だけではありません。

 

また、情報の蓄積がある大手法律事務所も全国に支店があります。

 

このような頼りになる弁護士に依頼することで難しい相手に対しても和解を飲ませることができるのです。

 

債務整理を得意とする弁護士は初回相談料が無料のことがほとんどです。一度相談してみませんか?

 

依頼する前に報酬支払いについても相談

 

初回相談が無料でも、実際に依頼したらお金がかかるのは当然です。しかし、その支払も実は心配いりません。

 

冒頭に述べたように弁護士が任意整理を受任すると返済ができなくなります。

 

つまり、毎月の返済資金の一部をそのまま弁護士に支払えばいいのです。

 

人によっては和解調書を作成するときには支払が全部終わっていることもあります。