任意整理と自己破産の違い|どちらを選ぶ?決め手になる条件は

お金の問題に悩んでいたら 任意整理
この記事は約5分で読めます。

債務整理と言ってもその種類はいくつかあります。その中でもっとも多くの人が行っている方法が任意整理、それに次ぐのが自己破産になっています。

しかし、内容については大きな違いがあります。任意整理は「マイルド」で、自己破産は「ハード」と言われることもあります。このように両極端ですが、一体何が違うのでしょうか。

任意整理とはどういうこと?

任意整理とは、債務者と債権者が話し合いをして借金の返済契約を変更することです。
実際には弁護士が仲介して、ほぼ定型的に決まっている「和解」をすることで債務整理をします。

目的は借金の残高にこれから発生する利息のカット、さらに毎月の返済額を減額するなどして、今後の返済を無理なく楽にすることです。

和解内容が定型化しているため決着が付きやすく、早ければ2か月程度で早く終わるというメリットもあります。

元本だけ返済する債務整理です

定型化されていると述べましたが、その内容は
 ① 元本を3年程度(場合によっては5年まで)で完済する
 ② 元本返済時に利息はすべて免除する
という2点です。

このようにある程度の内容が決まっているため、弁護士も判断がしやすいですし、相手の消費者金融や信販会社も承諾しやすいです。

債権者の利息収入はなくなりますが、自己破産などをされると債権の貸倒が生じて「被害」が大きくなります。それより「マシ」という判断なのです。

費用は少額です

定型化されており、時間もかからないということは、弁護士に対して支払う費用も少額であることを意味します。

弁護士によって違いはありますが、1つの債権者、つまり消費者金融や信販会社1件ごとに4万から5万と言われています。

3社であれば12万から15万と他の債務整理に比べれば決して高くありません。時間がかからないメリットもあり、債務整理を選択する人の多くはこの方法を選択しています。

自己破産という手続きについて

ペナルティと引き換え

これに対し、自己破産とは破産法という法律に基づいて、債務の全てを免責してもらう手続です。

もっとも、借金の棒引きですから簡単にできるものではなく、裁判所が審査をして「やむを得ない」と判断した場合、つまりこれ以上の返済を続ける能力がない、と判断した場合に限られます。
ただ、実務上は自己破産の申請をして否決される事例は殆どありません。

弁護士の事前の判断がしっかりしていることもありますが、申請すればほぼ間違いなく免責になると思っていいでしょう。

債務をすべて免責します

自己破産は、借金の残額が多すぎて返済を続けても意味がない人に対し債務を全額免責して人生再出発をさせようという制度です。

ただ、自己破産をする際には申請者の持っている財産をすべて売却、処分して債権者に分配することが必要になります。

この場合「少額管財事件」となり破産管財人を選任したりするなど手続きが複雑、長期になってきます。

もっとも、個人で自己破産を申請する人の多くは管財事件に相当する多額の貴金属や不動産などの財産を持っていないことがほとんどであり、手続はスムーズに進むことが多いです。

時間も費用もかかります

ただ、任意整理に比べれば裁判所に申請したり、手続が面倒だったりするため、申請してすべて終わるまで3か月から4か月ほどかかります。

また、費用は弁護士により違いがありますが、概ね40万から50万ほど必要になります。
もっとも、時間がかかるとはいえ手続は弁護士がすべてやってくれます。
自分は一度弁護士と一緒に裁判所に行くだけでいいのです。

どちらが良い悪いではないのですが

どちらを選ぶべきなのか

では、任意整理と自己破産のどちらがいいのでしょうか。
実はこの判断は難しいです。自己破産は一見するとメリットがいっぱいですが、デメリットもあります。

人によってデメリットが表面化するケースと、表面化しないケースがあるので判断が難しいのです。
このような判断を自分でするのは危険すぎますが、一般的に次のような判断基準で分けられるようです。

元本だけ返済できれば任意整理

債務整理の相談をする人のほとんどは、利息負担が重くて借金元本が減っていません。
しかし、その資金を元本返済に振り向けることで3年から5年で完済できるケースが多いのです。
このような場合は費用が安くて、時間もかからない任意整理を選択することが多いでしょう。

債務が大きければ思い切って自己破産

これに対し、元本返済を3年から5年ですることが事実上不可能であれば任意整理は成立しません。
この場合は自己破産をすることで債務を全て免責してもらい、人生再出発を果たしたほうが賢明な選択かもしれません。
もっとも、デメリットも多いので弁護士への相談は必須です。

自己判断できない時はどうする

方向性が定まらないとき

自己破産に限らず、任意整理であっても弁護士への相談と依頼は欠かせません。
最近は、自己破産の手続を裁判所でしてくれるので自分でやってしまおうとする人もいらっしゃるようですが、デメリットを知らずに決断するのは余りに危険です。

専門家に相談しても遅くない

債務整理の相談を弁護士にすると費用が掛かると思っている人も多いでしょうが、実は無料のことがほとんどです。
無料相談なので気軽にできるのです。

また、債務整理が始まると借金の返済は一時的に止まります。
その返済資金で弁護士費用の支払いができる事も少なくありません。
もちろん債務整理終了後に分割払いに応じてくれます。

悩みの解決は早まる

弁護士に相談をして、債務整理の道筋ができるだけで今までの悩みが解消することは間違いありません。
一人で悩んでいても何も解決しませんので、プロへの相談と決断をお勧めします。

あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの対処法、
どうしても返せなくなった時にどうしたら良いのかを紹介しています。

トップページへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました