任意整理をするとブラックリストに載るからと躊躇している人もいらっしゃるようです。

 

しかし、現実にはブラックリストとして登録されないケースもあります。

 

不必要に心配するより、プロに相談してみませんか?借金問題を解決する方が先決ではないでしょうか。

 

 

ブラックリストとはどういうものなのか

 

ブラックリストとはどんなものなのか

 

任意整理をすると「ブラックリストに載る」と言われることがあります。

 

この「ブラックリスト」という言葉だけ聞くと、何か恐ろしいものをイメージしますが、実際にはそのようなリストはありません。

 

「ブラックリスト」とは金融機関が取引を避けるべき相手をリストアップしたリストのことを言いますが、国や役所のような公的なデータベースでそのようなリストは作成されるわけではありません

 

ただ、返済ができず滞納が続くような場合は、その情報が民間の信用情報機関に事故情報として登録されるので「ブラックリスト」に載ると言われるのです。

 

ブラックリストはありませんが

 

このように実際に「ブラックリスト」として「任意整理をした人のリスト」が存在するわけではないのです。

 

ただ、信用情報機関が設定した取引上のトラブルなど「事故情報」の登録事由に該当すれば記録されてしまいます。

 

一般的に「事故情報」が載っている人とは、消費者金融も信販会社も契約を結ぶことはありません。

 

信用情報へ登録されることです

 

このようにブラックリストに載ると言われるのは、具体的には信用情報に事故情報として載ることを言います。

 

言い換えれば、任意整理が事故情報として掲載されるかどうかが、ブラックリストの対象になるかどうかの分かれ目と言えるわけです。

 

任意整理はブラックリスト登録されるのか

 

クレジットカードが凍結される?

 

では、任意整理は信用情報機関に登録されるのでしょうか。

 

実は、任意整理をしても事故情報として登録されないことがあります。

 

つまり、任意整理をしたのに新規にクレジットカードを作ることができるという場合があり得るのです。

 

外資系の信販会社は事故情報があっても自社判断でクレジットカードの発行をすることがあると言われますが、国内の信販会社ではまずあり得ません。

 

しかし、事故情報が把握されなければ普通に審査が行われ、問題が把握されなければクレジットカードが発行されるでしょう。

 

こんなことが実際に起きることがありえます。ただ、決して審査が甘いからということではありません。

 

信用情報機関によって対応が違う

 

任意整理を事故情報とするかどうかは、信用情報機関によって対応が分かれています。

 

信販会社系のCICや銀行系のKSCでは、任意整理は事故情報としていません。

 

これに対し、消費者金融系のJICCは、任意整理を事故情報としています。

 

そのため、先程述べたように任意整理をしたのにクレジットカードが発行されたということがあり得るのです。

 

もっとも、信販会社のほとんどはCICのみならず、JICCにも加盟しています。

 

自社でカードローンを発行していることもありますが、キャッシングサービスを提供している場合はJICCに加盟しないと総量規制の判断ができないためです。

 

登録されることによるデメリットは?

 

あなたの場合は信用情報機関にチェックされる?

 

では、JICCに任意整理が登録されるデメリットはあるのでしょうか。

 

信販会社にクレジットカードの申込をする際、キャッシングの希望額をゼロとすることができます。

 

この場合、JICCの情報を使って総量規制の調査をする必要はありません。

 

ただ、任意整理をしている人の多くは、別の理由で信用情報機関に事故情報が登録されていることがほとんどです。

 

返済が長期間滞ったりすることがその最たる理由でしょう。

 

このような情報があればクレジットカードの申込はできません。

 

わからなければOK

 

もっとも、任意整理まではきちんと返済を続けていた人もいらっしゃるでしょう。早めに任意整理を決断したという人です。

 

この場合、本当に事故情報がありません。登録がなければ信販会社は任意整理をした事実を知ることはできません。

 

キャッシングの申込をしなければ本当にわからない可能性があります。

 

この場合は、任意整理後でもクレジットカードの申込ができるかもしれません。

 

案ずるより産むが易し

 

あなたの情報も請求することが可能

 

ただ、任意整理をするかどうか迷っている人は、任意整理後のブラックリストを心配するより先に、自分の借金問題を解決する方が優先ではないでしょうか。

 

任意整理を検討している人がまずすべきことは、弁護士に借金の状況を説明し、債務整理をすべきかどうかを相談することです。

 

債務整理を得意としている弁護士であれば、必ず適切な回答を持っています。

 

債務整理を得意としている弁護士は、信用情報機関の登録についても知っています。

 

心配であれば、相談の際にCICとJICCの情報開示を請求し、そのデータを一緒に持って行ったらいかかでしょうか。

 

メリットもデメリットきちんと確認しよう

 

任意整理はメリットばかりではありません。

 

限定的ではあっても、信用情報機関に登録されるデメリットもあります。ただ、その影響は人によって違います。

 

弁護士の初回相談は債務整理関連であれば無料のことがほとんどです。

 

一度債務整理を得意とする弁護士に電話をして相談の予約をしてみてはいかがでしょうか。疑問点もきっと解決するはずです。

借金減額の方法、返済に困った時の対策はこちらのページをご確認ください。借金問題の対策を紹介しています。

任意整理のデメリット|やはりブラックリストのことが気になる記事一覧

任意整理をしても、クレジットカードが使えないと日常生活に困ります。電子マネーを使っている人はかなり不便でしょう。でも、借金返済ばかりの人生から抜け出したいことも事実です。任意整理をしつつ、クレジットカードを使える方法はないでしょうか。どうして使えなくなるのか任意整理をするとその後しばらくの間はクレジットカードが使えないと言われます。どうしてでしょうか。大きな理由として信用情報機関に登録されてしまう...

債務整理と言ってもその種類はいくつかあります。その中で両極を占めるものとして任意整理と自己破産が挙げられるでしょう。任意整理は「マイルド」で、自己破産は「ハード」と言われることもあります。このように両極端ですが、一体何が違うのでしょうか。あらためて任意整理とは?任意整理とは、債務者と債権者が話し合いをして借金の返済契約を変更することです。実際には弁護士が仲介して、ほぼ定型的に決まっている「和解」を...

任意整理は債務整理の中でも時間がかからない方法だと言われています。しかし、実際にどの程度の期間で終わるのでしょうか。また、どんな流れでされるのかも知りたいですね。実際には弁護士に任せてしまうことが多いですが、一度調べてみましょう。任意整理手続きの流れ任意整理は債務整理の中では時間がかからないと言われます。定型的な「着地点」が決まっているので、そこに落ち着くように交渉するからです。大手消費者金融など...