個人再生で車を残す|どんな場合に車が引き上げられるのか

個人再生
この記事は約5分で読めます。
  • 個人再生すると所有している自動車がどうなるか心配。
  • マイカーのローンが終わっていないけれど個人再生すると引き上げられるのか?

個人再生をしたからといって、必ず車を手放さなければならないことはありません。ローン中であっても状況によっては車を所有し続けることは可能です。

個人再生を検討している人の中には車のローンがある人もいらっしゃるでしょう。「自動車ローン」があると、個人再生後に車がどうなるのか不安ですよね。

それでは残りのローンを一括で完済したらどうなるのか、また最初から一括で支払い購入したという方が個人再生した場合はどうなるのか調べてみました。

車がどうなるかローンの種類によって決まる

車を残すことができるか否かは、ローンを借りた相手によって決まります。またローン完済後でも車が障害になることもあるのです。

個人再生をすると車のローンがどうなるか心配な人もいらっしゃるでしょう。
個人タクシーのような場合は別として、車のローンだけを別扱いにすることはできないのです。

ディーラーの場合

一番悪い条件と言えるのはディーラーで車のローンを組んだ場合です。この場合、車検証に所有権留保、つまり使用者は自分でも所有者はディーラーになっているでしょう。つまり返済ができないと「所有者」であるディーラーが車を取り上げます。

車は信販会社に引き渡されて売却され換金されるでしょう。個人再生では債権者は平等に取り扱われますが、所有者がディーラーなので話が別なのです。つまり車を残すことはできません。

金融機関の場合

これに対し、銀行などのマイカーローンは話が違います。通常は、所有権留保がされていないからです。

そのため、個人再生をスタートしたからというだけの理由で車がとられることはなく、車を残すことができます。自動車ローンはできれば銀行の方がベターだと言われる理由の一つです。

ローンが残っていなくても…

車のローンは完済していますか?

ただ、ローンが残っていなくても油断はできません。個人再生は自己破産と違って、財産をすべて処分することなく元本カットを伴う債務整理が可能です。

しかし、財産と呼べるものがあれば、売却して返済に充てろと言われますし、充てなければその分返済額を多くしろと言われます。

個人再生も資産売却が前提

個人再生は住宅ローン特則のような優遇措置があることから、資産があっても大丈夫だと誤解している人もいるようです。しかし、世の中そこまで甘くありません。

財産があれば売れと言われますし、売らなければ債権者が納得せず個人再生の手続がストップします。裁判所もプレッシャーをかけるでしょうから、何らかの対応を強いられるのです。

新車があると返済額が多くなる

自動車を買ったばかりの状態で個人再生をすると、ディーラーローンがなくてもこのような問題が発生します。特に銀行でマイカーローンを組んだ場合は、資産売却をしつこく要求されるでしょう。

こうして、新車を持っていて、かつその車を残そうとすると返済額が増加します。自動車を現金で買ったとしても、その現金があれば他の借金が返済できたはずだと言われるのです。

特例はあります

所有する車の取り扱いは?

もっとも、冒頭に述べたように個人タクシーの運転手が新車だからと車を取り上げられたら生活に支障が生じます。

ただ、個人再生はすべての債権者を平等に取り扱うため、下手に自動車ローンだけ返済することもできません。

インターネット上で見られるような車を残すためのテクニックにはいろいろあるでしょうが、ただ自己判断のみでは危険です。

債務整理の専門家である弁護士に相談することで提案があるかもしれません。話を聞いてもらうべきでしょう。

名義変更は危険

車の名義を親族などに変更したらどうかと言われるかもしれません。しかし、個人再生では財産調査もされます。自動車があれば名義変更などの調査もされるのです。

個人再生開始直前に名義変更をしていたら脱法行為だと言われるでしょう。
個人再生の手続や交渉が暗礁に乗り上げる危険は高くなります。

生活に必要ならば特例が使えます

先ほどの個人タクシーのように生活を維持するために必要な場合、「別除権協定」という協定を結ぶことができます。これにより、他のローンとは別に自動車ローンだけ完済し、車を残すことは可能です。

ただ、他の債権者は不利になりますから、裁判所が認めないと許可されません。交渉にも多かれ少なかれ悪影響を及ぼすでしょう。

自己判断は困難

自分では判断できないことも

このようにローンの有無にかかわらず、車を持っている人が個人再生を始めると、車を残せないリスクがあります。

ただ、さきほど述べたような特例がありますし、すべての車を残せないわけでもありません。
もっとも、そのあたりの「相場」や「頃合い」は素人にはわかりません。つまり、自己判断は危険なのです。

最後は裁判所の「判断」

個人再生は最終的に裁判所が許可しないと実行できません。そのため、どのような返済プランを立てるかが勝負です。

もちろん消費者金融になどの債権者を納得されることも必要でしょう。このような仕事はプロだからこそできることと言えます。

債務整理を得意とする弁護士

そのため、個人再生をする際には債務整理を得意とする弁護士が不可欠です。まず、個人再生が本当に必要かどうかを検討し、必要であれば車を残したりするプランを考えてくれます。自分だけで個人再生をしようとは間違っても考えないことです。

個人再生をする場合であっても生活必需品である車を残すことは必要です。この場合、車を残すことができるかどうかは、ローンの種類や車の価値によって決まります。

新車を買ったばかりの状態で個人再生をすると、車があるばかりに手続が難しくなることも否定できません。このような判断は素人ではできません。債務整理を得意とする弁護士への相談が不可欠です。

あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの対処法、
どうしても返せなくなった時にどうしたら良いのかを紹介しています。

トップページへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました