突然ですが、あなたの現在の借金をすべて返し終わるのはいつになりますか?

 

1年後ですか?10年後ですか?それとも、もっと先になりそうですか?

 

もし、今ある借金を減額することができて、少しでも返済期間が短くなればこれほど嬉しいことはありませんよね。

 

毎月の支払いに追われ、何かイベントごとがあっても給料は返済にまわってしまうため余裕のない暮らし。早くそんな借金生活から抜け出したいと思いませんか?

 

 

現在の借金を返し終わるのはいつになる?

 

その借金はいつ完済できますか

 

毎月の支払いは正直きつい。早く借金をすべて返し終えたい。そもそも、これ以上借金を返済していくことができない…。

 

借金の返済について思い悩んでいる人はとても増えています。

 

病気やリストラなどが原因で生活費を借入れた人、買い物でクレジットカードを使いすぎた人、遊興費のためにキャッシングを繰り返した人。

 

借金を始めた理由は違っても、早く借金問題を解決したいと思うのは一緒です。ここからは借金問題を早期解決する方法を一緒に考えていきたいと思います。

 

借金を減額できるのは本当?

 

借金を減額できると聞くと、借金で悩んでいる人にとっては、とても気になる事だと思います。

 

最近ではテレビCMや、インターネット広告などでよく目にする機会もあるため尚更です。

 

自分の借金も減額ができるのか、どうやったら減額できるのか、その方法が知りたいですよね。

 

結論から言うと、借金を減額することは可能です。

 

人によっては大幅に減額できることもあります。ただし、借金の種類や債権者によってはあまり減額できない場合もあるので注意が必要です。

 

借金の減額が難しい種類のものや、減額に関することには一切応じてくれない債権者もいるため、自分の借金が減額できる借金なのか調べる必要があります。

 

それでは、借金を減額して返済していく方法とはどんなものがあるのでしょうか。

 

減額して返済していく方法とは

 

合法的に減額できるんです

 

実は、借金を合法的に減額できる方法がいくつかあります。それは「債務整理」という方法です。

 

その債務整理にはいくつか種類があり、代表的なものが「任意整理」「個人再生」「自己破産」があります。

 

その中で減額して返済していく方法は「任意整理」か「個人再生」です。自己破産は借金を全額免除にする方法なので、今回はこの2つの方法について説明していきます。

 

任意整理 過払い金があればさらに減額可能

 

まず「任意整理」です。任意整理は、他の債務整理と比べると、裁判所を通さないので比較的簡単な手続きです。

 

債権者と直接交渉をして、借金の減額や返済期間を決めていきます。

 

キャッシング契約は利息制限法に基づいて計算すると過払い金が発生している場合や、借金総額が大幅に減額できる場合があります。

 

過払い金は返還請求することもでき、戻ってくればその他の借金の返済に充てることも可能です。

 

その他にも、今後支払う利息をカットして残金をどのように返済していくか交渉していくなどします。

 

金利の高いカードローンやキャッシングを利用している人に有効な債務整理の方法です。

 

減額した借金をだいたい3〜5年の分割払いで無理のない返済計画をたて、債権者と合意書をかわし返済していきます。

 

個人再生 さらに大幅な借金減額が可能

 

次に「個人再生」です。個人再生は、裁判所に借金を大幅に減額して分割弁済していきたい旨申し立てをする方法です。

 

裁判所が提出した返済計画を認めてくれた場合、大幅に減額した借金を分割で支払っていきます。

 

原則、借金総額の5分の1までカットできそれを3年の分割払いで支払います。

 

任意整理では、金利分を取り戻したり、カットしたりして減額を計るので、もともと金利が高くないローンや元金が大きい場合は借金の減額をあまり望めません。

 

そのため、任意整理ではあまり減額を望めない人に有効な債務整理の方法です。

 

それに、住宅ローンがある人も申立てができ、住宅ローンを支払いながら借金を返済していくことも可能な場合があります。

 

住宅ローンがあり住宅を手放したくない人にも有効な方法です。

 

ただし、裁判所に提出した書類を認めてもらわないといけないため、しっかりと生活再建の道筋をたて借金の減額が必要なことを記さないといけません。

 

この一連の作業は任意整理と比べると、とても大変です。

 

多くの人が利用している借金の減額

 

相談して借金の診断をしてもらうのがおすすめ

 

債務整理で減額して返済していく方法を簡単に説明しましたがいかがでしたか?

 

任意整理や個人再生を実際にするには具体的にどうしたらいいのかというと、まずは借金について専門家に相談することです。

 

借金の専門家は弁護士や司法書士です。専門家に相談して解決することが借金問題解決のもっとも近道と言えます。

 

しかし、なかなか専門家に相談する機会はありませんよね。

 

たくさんある法律事務所からどこがいいのかわからない、そもそも高額な相談料を請求されても支払えない等、色々と心配してなかなか一歩踏み出せないと思います。

 

無料で専門家のアドバイスを聞く機会

 

そんな時は、無料の法律相談という方法があるのをご存知ですか?

 

無料相談なら、最初から高額な相談料を請求される心配もないですし、無料でも相手は弁護士や司法書士などの専門家です。

 

まずは、あなたの借金を減額して返済していくことが可能か的確にアドバイスしてくれます。

 

減額できる借金かどうかわかってから、債務整理を依頼することも可能なので相談する際に聞いてみましょう。

 

多くの人が借金の減額をして完済することに成功しています。あなたも借金の減額をして完済を目指してみてはいかがでしょうか。